FC2ブログ
玄工房:岩佐なをのブログ
詩と版画などなど ☆彡HPはこちら→http://genkoubou.web.fc2.com/ copyright©iwasa,nao

パンフ

戸栗美術館のパンフレット。
今、これやってます。
だて巻き、もしくは
なるとの切り身に迷い込んぢゃった
虫みたいな龍、
そんなこともあるさ。
IMG_4568.jpg
スポンサーサイト

戸栗美術館

先だってのNHK、Eテレ「日曜美術館」(アートシーン)で
紹介されていた初期伊万里の焼き物をみに
戸栗美術館ものぞきました。
松濤美術館から歩いて10分もかからないかな。
これは入口付近のロビーから見た「お庭」。
IMG_4566.jpg

松濤の白梅

良い香りでした。
IMG_4565.jpg

公園の樹。
この一本だけ手書きで樹の名前が書かれた
大きなフダが付いていました。
「イイギリ」という樹だそうです。
柳の仲間のようです。
IMG_4564.jpg

公園の池

松濤公園の池。
スッポンもいるらしいのですが
寒いから動き回ってなんかいません。
今日は20度近くまで気温が上がりましたが
1日だけ暖かくてもスッポンは目を覚ますくらいで
億劫だから動いたりしないでしょう。
どうせ、明日からまた寒いしね。
IMG_4561.jpg

IMG_4562.jpg


噴水

松濤美術館の中にある水場の噴水。
「ふくろのお化け」も出ています。
IMG_4560.jpg

松濤へ

松濤美術館へ「南薫造」展を見に行ってきました。
水彩画の作品に惹かれました。
イギリスでの絵の勉強を終えアメリカ経由で帰国。
1923年から11年間東京美術学校の先生をしていたので
学生だった野見山暁治氏は戦争に行く前に出会っていますね。
水彩画は色を濃い目にしっかり塗り込んでいて筆致に迫力を感じます。
新宿百人町の自宅(アトリエ)を空襲で焼かれ
郷里の呉に転居、晩年をそこで過ごすのですが
そのころの風景画も素敵です。
東京国立近代美術館の収蔵品で、何かを書いている少女の絵
(印象派風)しか見たことがなかったのですが
南の絵はもっとたくさん見てみたい。気に入りました。
IMG_4557.jpg

IMG_4558.jpg

IMG_4559.jpg


蜘蛛のはなし④

水性ボールペン、120×170mm
IMG_4556.jpg

蜘蛛のはなし③

水性ボールペン、120×170mm
IMG_4555.jpg

蜘蛛のはなし②

水性ボールペン、120×170mm
IMG_4554.jpg

プロフィール

岩佐なを(詩人、版画家)

Author:岩佐なを(詩人、版画家)
日常おもったことなどを書きます。詩や版画中心に書こうと思いますが、プロボクシング、競艇についての感想のほうが多くなるかもしれません。単に「うしのよだれ」かも。ご容赦願いたく。★ホームページもあります。ご覧下さい↓http://genkoubou.web.fc2.com/
↓下の「リンク」でクリックできます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク